変化に対応していける子ども

日本の将来は、子どもたちが担っていきますが、当たり前のことで、これを深刻に、受け止め考えるべきです。

今の子どもたちが、大人になる時、世界はどう変化して、その変化に対応していける、子どもたちになっているでしょうか。

日本が、どんな未来をたどるかは、今の子どもたちを、どのように教育するかに、かかっていますね。

それを考えると、学校教育というのは、非常に重要な部分を、担っているのではないでしょうか。

家庭内で教えられること、それ以外は学校教育なので、大人たちも責任重大ですよね。

そこで、これからも学校では、勉強だけでなく、様々な活動により、素晴らしい人材を、作る取り組みがされそうですね。

教師の力だけでなく、親や地域の力も必要になっています。

子育ても、自分だけで頑張ろうとするとつらくなり、失敗するケースもありますから、社会も一丸となるといいのですが。

子どもの虐待なども、地域社会の協力がないと、防ぎにくいことですから、大人がもっと子どもたちの教育に、注意や関心がむけられるようになると良いですね。

コメントは受け付けていません。